デリヘルは夢のぎっしり詰まった玉手箱。当たるも八卦当たらぬも八卦・・・・

2442236000_8b10fc0c94_o

Photo by Pyrrhos Papadopoulos on Flickr

デリヘルは楽しい。自分のいるところに、女性が来るのだから。基本的に、恋愛においては男性は女性を追っ掛ける形が多いが、デリヘルはその逆だ。向こうから、体の関係を求めてやってくるのだ。こんなに楽しいことはない。

もっと楽しいのは、ノックされた瞬間だ。今か今かとソワソワしながら待ち、待望のノック!!あくまで冷静を装ってドアを開けるその瞬間が最も幸せなのだろう。しかし、開けてしまった後が問題だ。ここで、9割方の結果が出てしまうのだ。消化試合を覚悟するのか、ガッツポーズを押し殺しているのか、どちらかだろう。仮に当たりを引いたとしても、ドアを開ける前の高揚感は無くなっているのだ。
6267528331_ebcf013271_b
Photo by Norio NAKAYAMA on Flickr

とろこが、最近はおもしろい趣向のデリヘルが増えている。ドアを開けてから、速攻でプレイを開始するデリヘルがある。俗に言う「即即」や「即プレイ」などと呼ばれるものだ。即プレイであれば、9割方勝負が決したことに安心する暇を与えずに、興奮の渦に巻き込んでくれるのだ。これは非常におもしろいサービスだ。「玄関開けたら2分でご飯」ならぬ「玄関開けたら2分で発射」も夢では無い。

以下、そんな即プレイの体験談を紹介しよう。

■体験談■

私は東京に出張できました。一泊できるのでホテルを借りてもらったので、東京のデリヘルを呼ぶことにしました。以前から目をつけていたの店に電話をして1人お願いしました。ドアがノックされるとアイマスクをした子がいたので、部屋に手をひっぱて中に入れると、彼女はすぐに私の前に座ってから私のズボンとパンツを下ろすとフェラをはじめてきました。即プレイに憧れていたので、凄く感激と興奮しました。その後にベットに連れて行ってから、再度フェラをしてもらいました。私のちんこはギンギンになってきたので、今度は私がアイマスクをしたままの彼女をせめました。そして、彼女はローションとコンドームを私につけると彼女のアナルへ私のちんこをあてると、いれてと言ってきました。なんとこの店はAFも出来る店だったのです。私は楽しくてしょうがなくて、色んな体位でAFを楽しみました。しかもめっちゃ可愛い子でAFはこの日が始めてだったので、かなり燃えました。特に立ちバックでのAFは本当に最高の気分でした。終わったあとに、彼女のアイマスクをはずしたのですが、さすが東京と言えるくらいの可愛い子でした。もう1日泊まりたくてしょうがありませんでした。次回出張の時も必ずデリヘル呼びます。

どうだろうか。即プレイの虜になっているのが良く分かる。痴女好きにも受けていうるサービスなので、興味を持った男子は是非とも、「玄関開けたら2分で発射」を実現してみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る