マカオのカジノと風俗を誰よりも堪能するための3つの方法

venetian-macao

先日の記事でマカオの風俗について触れた。反響があったので、今回はマカオの風俗を楽しむための方法を伝えようと思う。

マカオの風俗を楽しむ上で、切っても切れないのがカジノの存在だ。マカオに行く主目的に風俗を置いている人は、1割にも満たないだろう。風俗だけを目的にするのであれば、タイに行く人が多いのではないだろうか。そのため、マカオでの風俗を最大限に楽しむためには、カジノの勝敗とセットで考えていく必要があるのだ。ここでは、お勧めの3つの方法を教えよう。

2682647934_47a0f0d9bd_b
Photo by an Murphy on Flickr

1.カジノで大勝している時

数百万円も勝った人はそうそういないだろう。ここでの「大勝」の定義は、本人にとって大きく勝ち越した場合を想定してほしい。この場合に最もお勧めするのはRIOホテルのサウナもしくは夜総会だ。これらはマカオにおいて最高水準。値段も日本円にして3万円以上はするであろう金額だ。日本で3万円といったら高級ソープにいけるじゃないか!と息巻く人もいるだろう。安心してくれ。それ以上のバリューを提供してくれるのは間違いない。マカオの風俗は、日本の風俗と比べてコストパフォーマンスが良いので、出した金額に見合う美女だったりサービスだったりを見つけることができる。RIOホテルのサウナか夜総会であれば、セレブな雰囲気の中で超絶美人との談話やSEXを思う存分に楽しむことができる。

11177501813_08d8ca5fb0_k
Photo by University of the Fraser Valley on Flickr

2.トントンで来ている時

負けても勝ってもいない状況であれば、大枚をはたくのは気が引ける。誰だってそうであろう。そんな時は、コスパ重視で選びたい。そんな時にお勧めしたいのが「打令(ダーリン)」だ。金龍ホテル(ゴールデンドラゴン)にある「18サウナ(エイティーンサウナ)」に行く日本人も多いが、18サウナはあくまでサウナである。長時間いる事も許されるし、リラクゼーションルームまで完備している。(といっても、マッサージの営業は凄まじいが)その分、どうしても割高になってしまうのだ。しかし、打令(ダーリン)は違う。まさに日本の高級ソープなのだ。金魚鉢にいる超絶美女の中からお目当ての子を選んだ後、そのまま艶めかしい雰囲気の部屋でプレイ開始だ。全く無駄がない。よって、コストパフォーマンスも18サウナより良くなるのだ。しかも、プレイ中のサービスも素晴らしい。泡風呂で超絶スタイルの女性が部位という部位を全てなすりつけてくる。この時点で果てる男子もいるとか。更に、前戯として「COLD&HOT」という秘伝の技を堪能できる。フェラチオの時に、氷とお湯を交互に含んで行うのだ。温度差で敏感な息子もノックアウト。部屋を出る頃には、股間が良い意味で悲鳴を上げている事だろう。

3.負けが込んでいる時

これは辛い状況だ。カジノで負けると、今まで節約していた事とか地道に稼いだ努力がフラッシュバックしてくる。そうすると、「何やってんだ俺」となる。この状況に陥ると、頭に血が上るか落ち込むかして更に負けが込む。大体このパターン。そんな時に打開する方法は一つだ。厄払いをするのだ。男の厄払いは何か?ヌキに決まってる。しかし、負けが込んでいて金は払いたくない。当然である。更に出費するわけだから。そして、時間も勿体ない。早く取り返したい・・・そんな時に最適なのが回遊魚だ。旧リスボアカジノの地下1階にある。夕方になると、抜群のスタイルの女性が歩き回る。回遊魚の女性の質についてだが、正直なところ他と大差無い。あくまで、他が超絶美人の前提でだ。つまり、回遊魚でも日本ではお目にかかれないクラスの女性とSEXすることができるのだ。しかも値段は他と比べれば格安。必要時間も概ね30分。つまり、穴貸しである。だからこそ、「ヌキ」と「安さ」を求めるのであれば最高のコストパフォーマンスを実現できるのだ。負けが込んだ時には、この記事を思い返してほしい。そして、回遊魚で厄払いをしてもらおう。そうすれば、大逆転も間近だ。

どうだろうか。このようにカジノでの戦績と風俗選びは関連するのだ。自分の置かれている状況を無視した風俗遊びは身を滅ぼすだけだ。マカオで風俗を選ぶ時の参考にしてもらえれば幸いである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る