旅先のアバンチュールに勝るものは何一つありえない・・・・

4963168863_48a6f6b9ea_o

Photo by yo ko on Flickr

旅先では、様々な出会いがある。更にその多くが、その場限りの刹那的なお付き合いというのも旅のおもしろさと言えるのではないだろうか。現地の人とのたどたどしくも温かい会話もあれば、同国出身同士の安堵したような会話もある。そのどれもが、強烈な非日常の中で行われるからこそ、旅の全ては思い出となるのだ。

CA3C0564
Photo by MIKI Yoshihito on Flickr

旅の思い出の中でも、特に強烈なのは女性との出会いだ。非日常に身を置く中で、お互いに高揚しているからこそその出会いは素晴らしいものになる。また、お互いに一夜限りの関係だと分かっているからこそ、燃え上がる事ができるのだ。毎日のように会う関係で、燃え上がるのは我々日本人にとって気恥ずかしい。

そんな高揚感が伝われば幸いである。

■体験談■

東京に出張に行ったときのことです。数日間、一人での出張だったこと、場所が五反田という風俗では有名な街であったこと、行く前から正直テンション上がりまくりです。出張が決まってからの僕の作業は、日々日々ネットで風俗検索。そこで見つけたある1件の風俗店。いわゆるファッションヘルスです。ネットでみる女の子の質が非常に高い!ただ、それはマジパネと言われる、写真加工の魔法がかかっているのかも。と、過度な期待はしないように、なるべくがっかり感をしないように心を落ち着かせていました。事前に気に入った女の子を予約し、ドキドキしながらお店に。お店では少し待たされましたが、その後同じビルにあるレンタルルームへと案内されました。部屋はベッドとシャワーだけがある、非常にシンプルな小部屋です。部屋に到着し、約10分。ドアをノックする音が!!!もうテンション上がりまくりでドアを開けました。そこに居たのは…とにかくビックリです。写真以上に可愛い元AKBの前田敦子似の超可愛い女の子でした。頭の中では鼻血ぶー!な状態、下半身はすでに爆発寸前。簡単に自己紹介や世間話をし、まずは二人でシャワーへ。僕の下半身は既にでっかいこけしちゃんです。丁寧に体を洗ってもらい、先にベッドで待ってました。彼女も自分の体を洗い、タオルを巻いて出てきた姿はまるで天使。隣同士で横になり、まずは濃厚なキス。そこから、あんなことやそんなこと。とても言葉にはできないあんなサービスまでしてもらっちゃいました。こんな可愛い女の子が風俗嬢だなんて。。。東京ってそんなところなんだ!頭の中が風俗嬢で爆発した僕は、その翌日もその子に会いに行ってしまいました。あれから数ヶ月。毎日その子が居る風俗店のホームページで、その子の出勤状況を見ていますが、いつからか見当たらなくなってしまいました。辞めてしまったんでしょうね。辞める前にもう一度会いたかったな。。。

どうだろうか。出張先だからこそのテンションの高さと、未練がましさを感じてもらえただろうか。年末に向けて旅行を計画している方は、是非ともアバンチュールを実現してみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る