泌尿器科で看護婦さんの手コキプレイ!?性病疑惑に感謝しろよ

15029285179_8fef1bb80f_k

Photo by YangChen(TW) on Flickr

最近の風俗業界では、手コキプレイの技術が向上している。風営法の規制が厳しく、店舗型でヘルスを営業することができなくなってきている。そのため、店舗型で営業するために、ハンドサービスでヌける店舗にする傾向が強い。そのためか、オナクラや亀頭責めなどの手コキ専門店も増えてきており、少しずつ業界全体の手コキの技術は向上している。

その影響なのか、性器をソフトにタッチされるだけで、手コキを連想してしまうユーザーもいるらしい。女性スタッフがローションをつけて、ソフトタッチで性器を何往復も包み込む。そんな快感を思い出してしまうのも無理はないだろう。余談だが、風俗業界には全ての風俗を一巡すると、手コキに辿り着くという言い伝えがある。さもありなんと思わせるのは、ソープに通っているユーザーは比較的ライトユーザーが多い。もしかしたら、サービスが穏やかもしくはマニアックになるにつれて、風俗熟練者は増えていくのかもしれない。

今回は、そんな手コキを病院で疑似体験したユーザーの話だ。

 

■体験談■

関東方面に出張が多い私なのですが、やっぱり風俗という事で気をつけなければいけないのは性病なんです。これは多かれ少なかれ不安になる場合もあって、生本番なんかしちゃった日にはしばらくペニスの痒みなんかが気になってしまうんですよね。でも、今までは掛かった事が無かったのでちょっと甘く見ていたのですが、12月も半ばになり年末も近いという事で一人デリパーティーを開催していたのですが、プレイ自体は普通で特にサービスもないという普通のデリヘルを楽しんだ2日後、あれ?ちょっとチンポが痒いんですけど!この痒さはちょっと今までに経験した事がないものだったのです。でも亀頭が痒いのではなく膿なども出ていませんでしたが、ちょっと心配になり性病キットなるものを購入して調べてみたのですが、特に異常はありませんでした。そしてその痒みは2週間程続いたのですが特に腫れたりもせず勃起の際にも痛みが出る事もないのです。そこでもしや新種の性病なのだろうかと思い、とうとう泌尿器科で見てもらう事にしたのです。そしてそこの看護師さんがちょっと好みの女性でデリ嬢のような手つきで私のペニスを握るものですから思わずフル勃起してしまい、先生にはあまり風俗には行かないようにとの注意を受けてしまいました。検査も特に何ともなくただの蒸れが原因だったようです。でもあの看護師さんの手つきが忘れられず今度は泌尿器科へ通ってみるのも良いかもしれません。

 

どうだろうか。看護婦の手つきが忘れられず、風俗ではなくて病院に行こうと思っているのだ。かなりの変態風俗ユーザーだが、その探求心と行動力には敬意を表さねばなるまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る