風俗は性の殻を破る最高の機会!

15453293273_7f400c53f8_k

Photo by Magdalena Roeseler on Flickr

風俗の性とそれ以外の性は別物である。だからこそ、風俗遊びは未だに絶大な人気があるのではないかと考える。例えば、以前風俗嬢がこんなことを言っていた。「既婚者風俗客の3割くらいはSEXレス」だと。これはまさに風俗の性とその他の性が別物であることを意味している。嫁とのSEXで充足していても風俗は通うし、嫁とのSEXに充足していなくても通うのだ。

6772383669_21213bd0bf_bPhoto by Jakob Montrasio on Flickr

そして、普段のSEXでは見せられない一面を表現する事も可能になる。嫁さんとのSEXはノーマルであっても、風俗でのSEXはアブノーマルなんて事もありえるのだ。もし、自分が完全にノーマルだと思い込んでいる人がいれば、是非とも風俗で様々なプレイを試して欲しい。思いがけず性の幅が広がるかもしれない。

■風俗体験談■

全国各地に支店がある企業に勤めていることもあって、頻繁に出張をすることがあります。以前は出張をすることが嫌いで、できるだけ出張せずに済むように努力をしてきたのですが、最近は逆に出張をすることが好きになりました。それは、出張先で良い風俗サービスに出会ったからです。自分の勤務先の周辺では、同僚に知られるのを避けるため、風俗に行くことができません。しかし、出張先なら自由に行くことができます。かわいい女の子が在籍している風俗店を見つけたため、その地域に出張できるように仕事を調整しています。風俗では、恋人などにはできないような行為をすることができるので、とても楽しいです。同じ女の子を何度も指名するのではなく、毎回異なる女の子を指名するようにして、風俗で飽きてしまうことがないようにしています。性的なサービスには、さまざまなタイプがあるということは、風俗に通うようになってから知りました。オーソドックスな性行為しか経験したことがなかったのですが、風俗の女の子は、いろいろなことを教えてくれます。気をつけているのは、風俗で楽しんだ行為を、一般の女の子にしないようにすることです。同じようにしてしまうと、嫌がられる可能性があります。

これはまさに、風俗での顔とその他の顔を分けているパターンだ。このように、「性の非日常」を存分に楽しめるからこそ、風俗は楽しいのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る