【風俗エロニュース】捜査費からデリヘルの駐車場代を捻出!?

4392018319_463dc5ed55_b

Photo by Kecko on Flickr

世間一般的には「けしからん」事件が起きた。風俗ユーザー的には「同情する」事件でもある。以前、福岡の巡査部長が路上で女性に抱きついて、公然猥褻罪で起訴された。その巡査部長だが、追加の調べによると、勤務中にデリヘルを利用していたそうだ。しかも、デリヘル利用時の駐車場代は捜査費用から捻出していたとか。

社会的に罰せられているので、処罰の妥当性などについてとやかく言うつもりは無い。風俗ユーザーの目線から言うと、半分は理解できて半分は理解できない。起訴された「路上で女性に抱きつく」についてだが、これはいただけない。風俗ユーザーから言わせれば完全に「アウト」である。我々は常に明確な合意の元、対価を払って女性と接点を持つ。つまり「合意」と「対価」というギリギリの大義名分を持って、女性とコンタクトをとっているのだ。あくまで、それらを前提に風俗活動しているので、人様に迷惑を掛けることなく大好きな風俗を楽しめている。しかしだ。この巡査部長はあろうことか路上で抱きついたのだ。「合意」も「対価」も払わずに。結果、当然ながら多大なる迷惑を人様に掛けてしまい起訴されてしまった。風俗ユーザーにも見下されるほどの下衆っぷりだ。

2609380644_4d64f4aacd_bPhoto by Héctor García on Flickr

一方、勤務中にデリヘルを利用し、駐車場代を捜査費用から捻出した件。これは同情しよう。彼はデリヘルにどうしても行きたくなってしまったのだ。例え、それが公務中であったとしても行きたくなったものは抑えられない。風俗ユーザーなら理解してもらえると思うが、「風俗に行こう!」と思った瞬間に他の全てがどうでもよくなり、風俗の事しか考えられなくならないだろうか?恐らく、その現象が彼にも起きたのだ。そして、風俗ユーザーらしく、万難を排してデリヘルに行ったのだ。手元にあった捜査費用の800円をちょろまかしてまで(笑)公務中の行為としては当然誉められないが、風俗を大好きな「男」としてはどうしても同情を禁じえない。

参考-朝日新聞DIGITAL.巡査部長がデリヘル、捜査費で駐車場代出した疑い 福岡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 1月 03日

ページ上部へ戻る