初めての風俗体験!セピアとピンクの混じった素晴らしい思い出

3360202536_d0f4407d10_b

Photo by mrhayata on Flickr

歴戦の風俗ユーザーにも、必ず風俗初体験がある。恐らく、風俗初体験を覚えていない風俗ユーザーはいないのではないだろうか。それほど大切なものなのだ。それこそ、童貞を捨てるのと等しいくらい重要な思い出になっているはずだ。

最初の風俗経験は、とにかく過緊張の中で行われる。なまじ風俗についての悪いイメージを聞かされているだけに、悪いことをしているような変な気持になるものだ。それはあたかも子供が「いけない事」を敢えてやる事で得られる不思議な高揚感に似ている。

neon-99950_1280

次第に慣れていってしまうものだが、「初めて」の経験は一度きりだ。決して忘れられぬ思いでになっているだろう。多くの風俗ユーザーが、最初の嬢まで覚えているという。そんな自身の経験を思い出しながら、この体験談を読んでみてほしい。

■体験談■

成人になった後まもなく、過去に一度も風俗に行った事がなかった私とその友人3名は、一回くらいは風俗に行ってみたいという事で、旅行がてらヘルスに行ってみようと画策しました。厳密には旅行の帰り際となりますが、地元と旅行先の中間に愛知県名古屋市があり、帰路はそこを通過する事になるので、名古屋市の新栄にある風俗街に立ち寄る事にしたのです。4人でビビりながら店を探していました。当然です。そもそも田舎者で都会に慣れていない上に、初めての風俗を試みようとしているのですから無理もありません。良さげな店を見つけ、私たちは思い切って入場しました。入場の際に3,000円という入場料の存在すら知らず、しどろもどろしていた私たちに、店員は優しく促してくれた事を今でも覚えています。そして肝心の女の子選び・・・そのお店は、マジックミラーの向こうに女の子を立たせ、好きな子を客が選ぶというシステムでした。そこに立っている7人の女の子、皆が譲り合って選ぶ・・・訳も無く、モロに好みが被ってしまい、ジャンケンとなってしまったのです。勢い良くジャンケンをする4人。私が勝利し喜びの絶叫。狙った女の子という美酒に酔っていたのですが、女の子にじゃんけんで騒ぎすぎと大笑いされました。若かりし頃の甘酸っぱい風俗体験です。

どうだろうか。甘酸っぱい記憶が思い出されただろうか。もしかしたら、海外風俗の開拓がおもしろいのも、このような「初体験」に類似の経験だからなのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る