風俗にハズレは付き物!とは言え、こんな仕打ちは・・・

486768798_22232b84b7_o

Photo by d’n’c on Flickr

風俗にはアタリもあればハズレもある。価格にもよるが、大ざっぱには「アタリ:ハズレ=1:1」こんなところだろうか。これも含めての風俗遊びなのだ。初心者風俗ユーザーは、ハズレを危惧して敬遠したり疑心暗鬼になることが多い。だが、それでは駄目なのだ。何が来るか分からないドキドキこそ、風俗の醍醐味とも言えるのだ。どんな分野でも、確実に勝てる試合ほどつまらないものはない。更に、たとえハズレたとしても、そこには「ネタ」という魅力的な宝物が残る。失ったコストを取り返すほど仲間で笑い飛ばしてやればいいのだ。それも含めて風俗遊びなのである。

5092133032_17efe2a99e_bPhoto by Chris Connelly on Flickr

しかしだ。時に「ネタ」にすらならない悪夢もある。ヘビーユーザーであれば、そんな悪夢を何度か経験したことがあるのではないだろうか。人は本当の悪夢を前にすると思考を停止するのだ。そして、妄想の世界で全てを済まそうとするのだ。そんな、悪夢のエピソードを一つ紹介しよう。

■体験談■

とある地方都市へ行ったときの話です。その地域では45分3900円という激安風俗店。ホームページで写真を見る限りはそれほどひどくないように思えます。まーそこは写真半分、いや1割程度でしょうか。お金もなかったので、試しにそのお店に行くことにしました。写真ではそこそこ可愛い女の子を指名して部屋で待つこと5分。やってきたのは誰?っていうくらいの別人。しかもかなり太め。極め付けは、その子の口、というか歯。味噌歯?というものか、はたまたお歯黒か。どういう生活をしたら、あんな歯になるんだろうか?というくらい見た事がないくらい、はっきり言って不気味な歯。その容姿は妖怪お歯黒ババアです。はなっから期待はしていませんでしたが、その期待をも大きく下回るほどの衝撃です。さて、あと45分どうやってやり過ごそう。そんな事が一瞬で頭の中をよぎりました。とにかく密着するのも嫌だったので、シャワーも浴びず、即尺してもらうことに。さすがに何もしない、というものそのお歯黒ババアに悪いので、すぐにいって終わりにする作戦に!まずは目をつむる。見ない。絶対に見ない。想像する。めちゃくちゃ可愛い女の子にしゃぶられていることを想像する。早漏でもなんでもいいからいく。とにかくいく事だけに集中。なんだこの状況は。。。と思いつつも、過去にないくらい、風俗で集中していくことだけを考えました。さすがに少々時間はかかりましたが、いくことができ、そそくさと一人でシャワーを浴びました。こんなに衝撃的で疲れた風俗は初めてです。二度とそのお店に行くことはないでしょう。

どうだろうか。イメージしただけで、少し吐き気をもよおさないだろうか。それはそれは壮絶な悪夢だったのであろう。しかし、このページで広く公開される事によりこれは「ネタ」になったのだ。体験者のご冥福をお祈りします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る