たまにおいしい思いができる地方風俗の魅力とは?

1966322035_12204f65c2_b

Photo by mrhayata on Flickr

旅先で風俗に行くのは男の習性だ。家族から解放された瞬間から、風俗の事ばかりを考える生き物なのだ。そして、旅先での出会いは日常のそれに無い楽しさがある。

地方の風俗などは、都会にはないおもしろさがある。都内の風俗は基本的に画一化されてきており、大概はどこに行っても同じようなコンセプトとサービスになることが多い。しかし、地方は違う。まだ成熟していないだけに、未知のおもしろさがある。驚くほど過激でエロいサービスを提供してくれるかと思えば、とんでもないボッタクリだったりする場合もある。女性の質も千差万別で、とろけるほど優しくて純情な嬢に会えたかと思えば、パネマジの次元を超えたBBAを掴まされる場合もある。だからこそおもしろいのだ。

women-486826_1920

以下、そんな地方風俗の体験談だ。

年間通すと地方への出張が何度かあります。余程のことが無い限りは日帰りは避け翌日帰るのがパターンなのですが、理由はもちろん風俗に行きたいからです。今年に入って初めて行ったのは東北仙台、東北美人は果たして見つかるか?出張する前から事前調査開始です。その日は予定よりも早く営業が済んで夕方には解放されました。早めにホテルに帰り一眠り、今回は某大手高級ホテルの部屋なのでデリ嬢も気楽に入れます。いつも困るのは地方の寂れたビジホの場合、女の子が来にくかったりするんですね、雰囲気的に。その点今回は広いロビーでエレベーター乗ったらおしまい、しかも会社の経費で落ちますから楽です。仙台って思ったより垢抜けた娘が多いんですね。想像以上でした。デリ嬢は20歳過ぎたばかりというNちゃん。色白くてスタイル良いです。でも全然訛ってないんですね、仙台の娘って、と思ったらどうやら千葉出身でした。せっかくなら地元の娘が良いなあと思いましたが、まあ可愛いしチェンジして後悔しそうな予感がしたのでそのままプレーに突入です。しっかり濃厚なエロマッサージでボクは大満足、悪くないなあ仙台と思ったのです。そして意外だったのはその後、一度帰ったNちゃんからフロント通して電話がきました。ピアス落ちてない?って内容だったのですが、探しても見当たらず、結局Nちゃん探しにまた戻って来ちゃいました。で何とそのままその日は部屋にお泊まり、夜通しイチャイチャしてくれました。珍しく気に入られたんでしょうか?仕事は終わったのでお金は要らないよ、と言いつつ、ルームサービス取ってましたが。まあ性格も良くて悪い娘じゃなかったですね。コース以外のサービスももちろん少しぐらいはありましたし。千葉にいた頃はよく新宿で遊んでたっていうから、もしかして東京が懐かしくなっちゃったのかもなあ。

地方風俗の素晴らしさを感じてもらえただろうか。サービスで一晩を共にしてもらえるなんて、風俗ユーザーにとっては正に夢の実現だ。このようなびっくり箱のような楽しさが、旅先での風俗の最大の魅力だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る