【衝撃エロ動画】年間15万件の面接が風俗店で行われている!?風俗大国日本の実情

sundress-336590_1920

他国と自国の風俗文化を比較するのは大変難しい。なぜならば、両者ともアンダーグラウンドな世界で行われているため、定量的なデータが出てこないからだ。タイのゴーゴーバーのように、あっけらかんと行われているのであれば、まだ比較ができたのだろうが。

では、日本に関してはどうか。様々なデータが存在するが、全てを総括して答えを導き出すと、「風俗大国」と言っても過言ではないだろう。風俗に馴染みの無い人には驚きだろうが、これは恐らく間違いない。これだけ倫理感の強い国で、何故そこまで風俗が発展したのか。

girl-526716_1920

1.棲み分けができている

タイのように風俗とその他の社会は入り混じってしまう事が多い。もしくは、徹底的に摘発されてほぼ見えないレベルまで地下に潜るかだ。日本ではそのどちらでもなく、明確に棲み分けが出来ているからこそ、お互いに共存共栄できているのではないだろうか。

2.ルールの遵守

世界中の風俗を見てみると本番行為前提が大半だ。そのため、法的に問題のある文化として位置づけられてしまう。興奮した男が本番行為を求めるのは誰もが理解できるだろう。しかし、日本では違う。店や法律の決まりを遵守して、風俗サービスを受けているのだ。そのため、大きな問題が起こることなく生き永らえているのだろう。

3.種類の豊富さ

2と関連して、風俗は多彩なバリエーションを持つ。本番行為を前提としない風俗でも、充分に楽しめるようになってきた。それと共に、風俗店の数も激増し風俗大国となったのだろう。

このような背景を元に、日本の風俗は成長してきた。今や、どの街にも一歩路地に入れば風俗店が存在するようになっている。風俗店がそれだけ存在するということは、それだけの女性スタッフが働いているのは当然である。このような目線で風俗を捉えてみるのも時に良いことではないだろうか。


Licensed material used with permission by:実録・風俗嬢 『カラダで稼ぐ女達』 on YouTube

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る